読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こづろぐ

会社経営とアーティスト活動のWワーク実現ブログ

アーティスト・プロモーター・起業家・ライフプランナー(FP)・神奈川県厚木市在住・横浜市出身

中古車の走行距離は短ければ短いほどいいのか?

中古車を購入するときのデータの一つ。走行距離について。

f:id:tsurugi0720:20170405172450j:plain

現在、車の乗り換えを検討中。

大手中古車チェーン店の店長とディーラーの整備士で言うことが真逆だった件

現在、第一子が生まれる前に買ったコンパクトカーFITを大事に大事に乗り続けてきました。

妻と二人でドライブしていたFITの車内は、子供が増えて今や5人。

先日、愛知県蒲郡市から神奈川県厚木に帰る途中のこと。

突然、フロントガラスが真っ白になるという恐怖。

コンパクトカーで5人は、人口密度が高すぎるのだ。とっさに窓を開けて目の前の水滴をぬぐいながら視界をつくって難なきを得たけど・・・

恐ろしすぎた。

コンパクトカーで5人乗りは結露に注意!FITやVitsやMarchの方。

冬も終われば曇ることもなくなるとは思いますが・・・

FIT。10年乗り続けてきたというのもあり、さすがに乗り換えようと今日、大手中古車チェーンに行ってきました。

独身時代の貯金で一括キャッシュで買ったのは昔のこと。今はそんな余裕はないので中古を買うことにしました。

もちろん、カーセンサーで調べれば魅力的な価格帯のものがいくらでも載っている。

あら?中古車ってそんなに安いの?って初めて知る。

これホント?とちょっと疑わしいので実際、店舗に行ってみた結果。

カーセンサーに掲載されているような好条件の中古車が本当にあるのかどうか?

たとえば、2010年式で1.4万キロ、新車だと200万くらいででていたものが、80万円くらいで掲載されている。そんな走行距離が少なくてとてもリーズナブルな車両がカーセンサーでわんさか載っていたので、

「この距離でこの年式でこの値段ってありえます?」

と中古車チェーン店の店長さんに聞いてみると

「こんなものは、おかしい!ありえない!」

と言う。

その中で出てきた中古車の豆知識。

7年間で1.4万キロではむしろ少なすぎると言う。

車にも年相応とうものがあって、5~7年経っている車であればむしろ4~5万キロの走行距離はあった方が良いらしい。

なるほど・・・少なければ少ないほど良いのかと思った。

さらにカーセンサーに載っているような車は「釣り」であって、安いものには必ず何かある!事故歴なしも疑わしいとおっしゃる。

ということで、4~5万キロの車両でカーセンサーに掲載してある車両よりも年式が2年古く、それでもなおかつややお高いものをおすすめしていただいた。

カーセンサーは夢物語で現実は走行距離も伸びて年式も古くなったのに値段が上がるという不思議な現象。

当初の価値観から見れば、走行距離が上がるのに値段が上がるなんて不思議だったけど、走行距離が短ければ良いというわけではないと言うことから、そのおすすめ車両は保留にしていったん帰る。

でも、ちょっと腑に落ちない。

冷静になって考える。中古車チェーン店の店長の言っていることは本当か?

ディラーに行き確かめてみた。

1店舗で決めるのもなんなので、その後、地元のディーラーUカーショップへ行き、中古車チェーン店で言われたことをそのまま伝えてみた。

  • 年相応の走行距離があった方が良い
  • 事故歴なしでも、安いものはだいたい事故車両。

「これってホント?」と聞くと驚くべき答えが・・・

「それは、一概に本当とは言えません。」

今時の車種であれば、多少乗っていない、走っていないからといって劣化することはない。大丈夫です!とのお答え。

「走行距離は少ないに越したことはないですよ」と真逆の答え。

さらに、ディーラー店において、事故歴を詐称することは絶対にないとのお答え。

ちなみにカーセンサーに掲載されていたものは地方のディーラー店でした。

そのページを見せて「これは普通にありえる価格ですよ」とおっしゃっていました。

中古車選びは新車と違って、情報を的確につかまなければならない

高い買い物、しっかり多角的に話を聞かないといけないな・・・と感じました。

タイトルの件ですが。

中古車の走行距離は短ければいいのか?

についてですが、ここ最近数年以内の年式の車種であれば、「短いに越したことはない」という意見が70%くらいか?

販売店や整備士それぞれでいろいろな意見や見方がありますからね。

走行距離云々ではなく、それぞれ、一つ一つの車両に劣化はそれぞれの形で必ずあるので、しっかり見極めましょうとのことでした。

中古車選びは面倒です。新車選びのほうがお金は張りますが楽ですね。

カメラの動画機能を使わずにビデオカメラを購入する3つの理由

カメラの動画モードで充分と思っている方へ

卒業、入学シーズンにビデオカメラは必須ですが、最近のカメラは当然のように動画撮影モードがあります。

カメラの動画撮影モードで充分ではないか?と思っている方。

なぜ、わざわざ動画用のハンディカムを購入する人がいるのか?と疑問を持たれている方。

いるかもしれません。

もちろん、写真撮影の合間にちょこっと動画を撮る程度であればカメラで充分ですが、しっかり撮りたい時のお話です。

そのような方にお届けする動画専用カメラを使用する理由3つです。

f:id:tsurugi0720:20170323143635j:plain

1つめ。静止画用の普通のカメラの動画モードでは、30分で切れることがある。

ほとんどのカメラの動画モードがそういう仕組みだと言いますが、なぜ・・・

調べてみると、ヨーロッパの関税の関係だそうです。カメラとビデオカメラでは税率が違うようで、30分を超える動画が撮れるカメラはビデオカメラの関税率になるようなんですね。

つまり、式典などを三脚で撮りっぱなしにしておく場合はビデオカメラでないと、「あれ?最初の30分しか撮れてない!」と後で泣くことになる。

注意してください。

個人的な撮影ならまだしも、仕事で受けたイベントなどの撮影であったら、賠償ものですよね。動画はビデオカメラで撮りましょう。

2つめ。バッテリーの問題もありますね。

ビデオカメラ用のバッテリーは、長時間連続駆動を想定しているのに対して、カメラ用のバッテリーは、連続駆動を想定していないので、連続で動画を撮り続けたときの発熱が大きいようです。故障の原因にもなりそうですね。

3つめの理由は、ズバリ、ビデオカメラは動画専用だから。

それを言ったらという感じです。

でも、静止画専門のカメラには付属していない動画にあってほしい機能がおよそ付いているという点です。

手ぶれ補正、動く被写体に強い、マイクが静止画用のおまけマイクと比較すると質が高いなどなど。

それはもう、当然、それ専用に作られているわけだから、そっちの方が良いのは当然なのかもしれません。

カメラで動画を撮る理由は1つ。

良いレンズを使用している場合、綺麗だから。一眼レフで撮る動画は、美しいですね。ほとんどレンズの力なのでしょう

一眼レフのレンズを使って美しい映像を撮りたい。そうでなければビデオカメラを使うべし。

ですね。

現在の価格コムのビデオカメラ上位3機種(アクションカメラを除く)をご紹介しておきます。

第1位  

 第2位 

 第3位 

 

amazonのAudibleを使って気づいた3つの効果

現代人の情報収集は目に頼りすぎ。目に偏りすぎ。

ただでさえ、日本人のほとんどがめがねやコンタクトを必要としている現代にパソコン、スマホの長時間使用が当たり前のライフスタイルを取る人が多い。

f:id:tsurugi0720:20170317103450j:plain

 実は日本人は、昔から近視が多い民族として知られています。海外の人が、来日して街中に出ると、メガネをかけている人の多さに驚くとか。近年の調査を見ても、だいたい人口の三分の一にあたる5000万人程度が、メガネやコンタクトで矯正が必要なレベルの近視になっていると言われています。

xn--u8j7eobcu7587k8dj.jp

映像文化たかだか100年で、映像の影響かどうか?視力の低下が著しい現代。

30年後40年後の未来、めがねどころじゃ済まないんじゃないか?失明する人続出?

30~40年後は失明する人が続出するなんて都市伝説のようなことを言っている人もいるけど、あながち全くあり得ない話ではないかもしれない。

僕自身も、PCで仕事をすることが中心なので、週末ともなると目がしょぼしょぼしてくる。

これでは、早いうちに目が使い物にならなくなる?と危惧して自分の中で決めたルーティン。

毎週水曜日はPCを使わない

週の真ん中に目を休める日を設けました。コレをやってから、体調が良くなった。

それと意外に仕事の効率も上がったような気がする。パソコンを使っているようで、もしかしたら、使われていたのかもしれない。

目に負担を掛けない日。水曜日の仕事や情報収集をどう過ごそうか?

そんな中、水曜日をどう過ごそうと、試行錯誤している中で、アマゾンがDMや広告でしきりに勧めてくるAudible。

「聞く本」

どうせ、自動音声機能がつらつらと読み上がるんでしょ?と敬遠していた。
ああいう読み方に慣れたら、自分のアナログな仕事、MC、司会にも支障が起きると思っていたんですけど、そこは間違った情報、勘違いをしていたことに気づいた。

Audibleは人間が読んでいたのね!

f:id:tsurugi0720:20170317104648j:plain

アマゾンのAudibleは人間が読んでいる!

意外に勘違いしている人多いのではないですか?

あれだけの膨大な量の活字を音声化するわけだから当然、AI。自動朗読?なんて思い込んでいたんですけど、読み手はプロのナレーターさんなんです。

むしろ、僕と同業者の方が、こういうところで仕事をしていたのだ。

なんたる情報不足。

現在、アマゾンのプライム会員はAudibleが3ヶ月無料。

アマゾンのプライム会員だと、3ヶ月が無料で試せるというので、早速試してみた。

本を読まずに聞くという幼少期に母親の読み聞かせをしてもらって以来のことかもしれない。

目を使わず、耳だけで本を聞くと全く違った世界が広がっていた。

同じ情報でも視覚から得る情報と、聴覚から得る情報では、受け方が違う!?

とりわけ、ビジネス書で試すと丸わかりだと思います。視覚や文字では普通に「なるほど」と思っていたものが、聴覚から聞くとそのうさんくささが一目瞭然でわかってしまう。

うわ、なんだこれ、うさんくさ!

一つ目の気づき「リアリティが増す」

目で追うよりも、耳で音で届くほうがリアリティが増す。

人の声を介しているせいか、文字よりも音声のほうが本の内容に関するリアリティ、現実味が増しているような気がする。

2つめの気づき「記憶に残りやすい」

それと「耳に残る」という比喩にも似た表現があるように、意外に聞いたことが記憶にとどまりやすいことも実感します。

これはもしかしたら朗読よりも記憶にとどまりやすいのかもしれないと個人的な実感があります。

3つめの気づき「音だけだと他のことができる」

また、Audibleを聞きながら、何か別のことができるのもいいです。

家事や雑務。もちろん、目を酷使しないことに時間を使った方が良いですね。

個人的には、新聞もこれにしてほしい!と思ったんだけど、あれ?それって、ラジオのニュースじゃん?って思いました(笑)

 

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

 

 まとめ

とにもかくにも現代人は目に負担を掛けすぎている。

Audibleはもちろん、おすすめですが、時にラジオを聞くのも良いと思います。

僕は昼食時間とか、radikoをつけて、ディスプレイをOFFにします。

ディスプレイをOFFにすると、なんかすっと力が頭から抜ける感じがする。

ディスプレイが付いているだけでその画素の一つ一つが情報となって体に入り込んできているのかもしれない。

日々押し寄せてくる情報洪水をシャットアウトするのもまたストレス軽減になって良いと思います!

園児を守る幼稚園バスの運転手がヒーローな朝だった

何も起きなかったけど確かにヒーローはそこにいた

今朝、いつものように3kmの道のりをAmazonのAudibleを聞きながら徒歩通勤をしていました。

天気が良くて、季候もちょうど良い。

本の内容が耳からスムースに入ってくる。体調もすこぶる良い。

音量もほどほどにして音楽ではないから、外の音もしっかり聞こえる。
ちょうど良い朝の趣味を見つけた感じ。

f:id:tsurugi0720:20170316101448j:plain

いつもなら信号が青になるタイミングに合わせてスピードを緩めたり速めたりして調整しているところ、今日は、行き当たりばったりで行こうと終始マイペースで歩いていました。

駅から二つ手前のスクランブル交差点で赤信号。

進行方向の車道が赤になり、目の前の車道が青になる。

でも、車が通過していかない。あれ?と思って、車が来る方角を見てみると一番先頭のワゴン車のドライバーがスマホをいじって目の前の青信号に気づいていない。

スマホのながら運転がいまだになくならない・・・

対向車線はビュンビュン通り過ぎているのに、よく気がつかないものだ・・・とあきれていたのですが、その後ろには車の列。

大体こんな時は後ろの車両がクラクションを鳴らしたりして、せかしたりするわけですが、後ろの車両がクラクションを鳴らさないんですね。

何で鳴らさないんだろう?と思って見てみると、その車の後ろ、幼稚園の送迎バスなんです。

クラクショントラブルで検索するとその事例はいくらでも出てくる

それでも、なんで鳴らさないんだろう?と思って見ながら、その意図に気づき始めた。

oshiete.goo.ne.jp

僕自身はクラクションでトラブルになったことはないけど、とても多いクラクショントラブル。

クラクションでなくても、相手がどんな人なのかわからないので、車に乗っているときは、とにかく路上のコミュニケーションに最大の注意を図ります。

きっと幼稚園バスの運転手さんは、可能性が低くても、0ではないリスクを回避するために、何もしなかったんだ。

そう思うと、胸がジーンとしてきて、思わず、幼稚園バスの運転手さんに声を掛けたくなった。

グッジョブ!

さすがに、恥ずかしいので声には出さなかったですけど、三児の父でもある僕にとって、この幼稚園バスの運転手さんの「何もしない」という行動に敬意と感謝とプロ意識を感じました。

どこの幼稚園だろう?メールの一つでも送りたかったんだけど、アホな車の後ろで幼稚園名が見えなかった。

厚木市の幼稚園でバスはツートンで下がオレンジのバス。

世の中には賞賛も表彰もされなくても、プロとして日々、子ども達を守ってくれている仕事がある。

どんな仕事でもプロでありたいと思ったすがすがしい朝でした。

町田が神奈川県ではなく、横浜、川崎が東京なんじゃないか?

町田市は神奈川県説はおもしろい

f:id:tsurugi0720:20170310103008j:plain

国道246号線を厚木から渋谷方面に走っていると、神奈川県から一回だけ東京に入り、そして再び、神奈川県に抜ける。

神奈川県にちょび髭のごとく、差し込んでくる東京都。それが町田市。

横浜線も同じく、横浜方面から、相模原方面に下っていくと、なぜか、途中で東京都内の駅、町田駅があり、そして、次の駅は、再び神奈川県の古淵になる。

f:id:tsurugi0720:20170310103200j:plain

神奈川県民の子ども達は、町田市というのは、神奈川県に突如現れる東京の四次元空間か?と思うようになるのです。

中学生になり、地図を見てみると、「あーそーゆーことね」となってしまい、町田四次元ネタが楽しめなくなるので、その部分の地図を見ることはオススメしません。

今後も一緒に町田という四次元を楽しみましょう。

神奈川県民から見た町田市とは?

かくいう私は横浜生まれ、横浜育ち、そして、若かりし頃、仕事の現場は都内か横浜にもかかわらず、「家賃が激安!」というだけの理由で厚木市に引っ越しました。

そんな理由で自分のホームグランドを決めるものじゃないと思ったのはそれから20年後になるわけですが、良かったこともある。

都会というものを客観的に見られるようになった。

東京23区はもちろん、「都会」に属するわけが、神奈川県内の「都会」ともいうべき、横浜、川崎という盛り上がっちゃってる地域を外から見ると、とりわけ、横浜、川崎以外の神奈川県民からみれば、「いいね」が付いてしまうほどのうらやましさのようだ。

横浜の赤レンガ倉庫の写真に「いいね」をつけてしまうちょっと憧れてしまう習性がある。多分、横浜市民は赤レンガ倉庫をInstagramに上げたりはしない。

都会育ちの僕の郊外活動がスタート。

その内、地元の町興しプロジェクトにも参加するようになり、都会でやってきた芸能活動の実績を活かして、地元のテレビやラジオでMCなんかもやってきましたが、横浜人がたまたま家賃を理由に住んでいた僕にとってはどうにも「町興し」の切実さを共感することができなかった。

「盛り上がりたいなら、小田急線に乗って新宿か、相鉄に乗って横浜に行けばいいのになぁ」

と思ってしまう。

ベッドタウンと呼ばれる地域の町興しは不要なのか?

僕らの住む街はベッドタウンと呼ばれ、首都圏に住む人が首都圏に通うために住む、そういう人たちが半数いて、ただ、眠るためだけに帰る文字通りの「Bed Town」なのです。

いわゆる「寝室」。

寝室を電飾で飾っても・・・という意識なのか、町興しをしても、どこ吹く風?という意識の人が半数以上いることになる。

地元でワンコイン落語会を開催しても、そうそうたる顔ぶれの落語会でも集まるのは地元のお年寄りがほとんど。

地元を大切にしたい、賑わいを創出したい!という人の多くは、地主さんや役所の方達で、その温度差たるや甚だしい。

昔あった、白黒半分のようなガムのような2色の市民が暮らしているように見える。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

もう画像検索しても出てこないな・・・白黒半分。

ちなみに僕は地元において自称「グレー」を貫いていますが・・・

子ども達を育てているので、それなりに地元も豊かであってほしいと思うからです。

地元の事業者でも地元意識を貫くわけにはいかないケース

ただ、お仕事において、プロモーションやウェブ制作、戦略を代行、サポートしていますが、顧客のターゲットを東京、横浜、川崎に向けるようにするのは、お客さんの事業の成功のためにも致し方ないことです。

ベッドタウンから見ると、横浜市も川崎市も東京も同じレベル。

そんなBedの上から見る、都会は、都心も、横浜も川崎もすべて同じ「首都圏」であって、経済が回っているにぎわいが創出されている雰囲気。

神奈川県の郊外から見れば、町田然り。

どこにラインを引くか?となると、完全なる個人的な見解ですけど、相模原と町田、横浜、川崎の境が、個人的県境になります。

仕事をする上でも、あっちで働くか、こっちで働くか?

マーケティングをする上でも、あっちとこっちで分けて戦略も変わってきます。

皆さんの県境はどこですか?

もちろん、横浜市、川崎市が東京都だなんて、強引なねじ込みネタに他なりませんよ♪

親が認知症になる前に子がするべきたった1つのこと(仮説)

祖父母が亡くなる。次は自分の親の順番がくる。

ここ数年で、祖父母4人が健在だったところ父方の祖母を除いて立て続けに亡くなりました。

そうなってくると、次は自分の親の順番がくる・・・

f:id:tsurugi0720:20161223101428j:plain

生命のはかなさをつくづく感じ始めています。

30代、40代を生きる世代にとってのほとんどの人がもつ共通認識、自分の親の「死」に対する「現実味」を感じ出す頃だと思います。

これからどのような事態が起きても対処できるように、兄弟で話をしたり、書籍を読んで相続や、介護についての情報を取り入れるようになってきました。

なかでも、この本。

タイトルがどうか?と思うのですが(これでは、買い控えしてしまう・・・家に置いておけない)とても素晴らしい内容でした。

もう親を捨てるしかない 介護・葬式・遺産は、要らない (幻冬舎新書)

もう親を捨てるしかない 介護・葬式・遺産は、要らない (幻冬舎新書)

 

 このなかで、とても気になる文がありました。

自らの死が近づけば、それに恐怖を感じるだろう。そのとき、人が次第にボケていくのは、そうした恐怖を忘れさせる、あるいは感じさせないことにもつながっていくのではないだろうか。 

 認知症は、死への恐怖から遠ざけるための人間の防御策ではないか?という仮説ともとれる内容でした。

これに気づいている人は他にもいるのかな?とググってみると・・・

usi32.com

いた。

認知症は死への恐怖から遠ざけるための人間の防衛手段だったのかもしれない・・・

そこで、ボクは思った。

自分の身近にも思い当たる節があったからだ。

身寄りが無く、一人暮らし、話をすると、ちょっと前に言ったことを忘れている方がいて、口癖は、誰にも頼らず、俗に言うPPKを望んでいる。

PPK:ピンピンコロンのことで、毎日ピンピン元気で、死ぬときはコロンと逝きたい。

それは、逆に言えば、頼る人間がいない不安、恐怖からくる「願望」なんだと言うことはよくわかる。

でも、その願いとは逆に、ご本人は物忘れが徐々に多くなってきているのがわかるのです。

この書籍からとれる仮説から考えれば、もしかしたら、死への恐怖が徐々に認知症へと誘っているのでは?という風にもとれなくもない。

ということは・・・

認知症の予防は、老後生活の不安の解消?

これも、仮説なのですが、その不安を解消させてあげれば、認知症の予防になるのではないだろうか?

死への恐怖。つまり、老後の不安。お金の不安。住む場所の不安。介護の不安。認知症がそういうものの恐怖から逃げるための防衛手段であるならば、そういうものの不安を解消してあげることがどれだけ重要かが見えてきた。

たとえば、親の将来、認知症になったらどうしよう、介護はできるのか?そういう風に思う前に、まず、最初に、「オレがついている」「遠慮せずに私に任せて」と安心させてあげることはとても大事なことだと思う。

「大丈夫、大丈夫、心配しないで!」

こんな言葉をかけることができたらいいなと思った。親だからこそ、なかなか言えない言葉なのかもしれないけど、自分が子供の頃は、ずっと母親に言われてきた言葉だったかもしれない。

「大丈夫、大丈夫。」

どこの母親も、これは口癖になっている言葉だと思う。

それをいつか、子供のほうから同じように言ってあげること。

大切なことだなと思いました。

もちろん、親側の思い「遠慮」もある。

もちろん、親にとって、子供に迷惑を掛けられないという思いが重々にあるだろう。

でも、そこは、押しつけでも何でもいいから、とにかく、まずは、心の支えになってあげることが大切なのだと思いました。

最後にことわっておきますが・・・

これは、ボクが本を読んで感じた気づいた仮説に過ぎませんが、予防策としてというよりも、親子であれば、これは普段から普通に掛け合える言葉であるべきだと思いました。自分自身、反省する点でもあります。

特に息子は親に対して言葉少なくなってきますよね。ボクも同じです。

補足、紹介した本のタイトルについての苦情

それと、島田裕巳さんの著書のタイトル「もう親を捨てるしかない」。やっぱり、これでは、なかなか手に取れません。仮に家においてあるところを親に見られたら、そこから亀裂が生じないとも限らない。Kindleの中にあるのを妻に発見されて、「なんて本を読んでいるんだ?」と一瞬、思われたほどでございます。

読まれる方は、親御さんに誤解を与えないように、管理には充分、ご注意ください。

ヘビが平気っていうなら君のDNAはどこから来た?

ヘビが苦手

f:id:tsurugi0720:20170215181515j:plain

見るのもいやだし、ヘビって字を書くのもいや。

ボクの場合、「幼い頃に近所のお兄ちゃんにヘビもって追いかけられたのがトラウマになっている」と思い込んでいた。

どれだけ苦手かと言えば、テレビに映るだけで目を隠す。

子供達に笑われようと目を隠す。

そのくらいのレベル。

日経のこんな記事

www.nikkei.com

人間の脳が大きくなった理由には諸説ありますが、ヘビの脅威に備えて発達したとする説は最も有力な見方とされます。 

人間にとってもっとも脅威だった天敵がヘビ。

ヘビをみて、遠ざかりたい、見たくないというのは、DNAであって、「平気だ」という人は次のいずれかである可能性が高いというのがボクのどうでもいい見解です。

  • 強がり
  • 我慢している
  • 見慣れた
  • 人間のDNAを受け継いでいない(笑)

推測するに、DNAであるという前提を踏まえれば、前の二つの人がほとんどだと推測できます。

要するに何が言いたいかって、「ばかにすんじゃねー」ってことです(笑)

特に我が子達へ・・・