読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こづろぐ

会社経営とアーティスト活動のWワーク実現ブログ

アーティスト・プロモーター・起業家・ライフプランナー(FP)・神奈川県厚木市在住・横浜市出身

志摩市の不燃ゴミ袋30年分のストックに「は?」

行政指定のゴミ袋の在庫過多

news.goo.ne.jp

今朝の特ダネでも取り上げられていましたが、こんなたいしたことのないニュースが全国ネットで取り上げられるとは。

f:id:tsurugi0720:20170130111310j:plain

報道バラエティもネット同様、行政の失態は大好物です。

ボクもこうして取り上げている時点で同じ穴の狢です。

神奈川県でもまだ、一般家庭のゴミ袋有料化はほとんど進んでいません。

知っているところで大和市くらいでしょうか?

家庭ごみ有料化地域は生活に直結している時点で率直に住みたくないなって思ってしまう。

でも、ゴミ袋の有料化といえど、結局は、支払いルートの問題で、他の自治体では市税がそれに使われているだけの話。

減量化の策として、直接払う実感を持って全体量の減量化、資源化促進を図っているに過ぎません。まぁ、でも、直接感が束縛感を感じて、窮屈な感じを生活に与えはしないか?慣れでしょうか?

あまり得策とは思えません。

志摩市が30年分のゴミ袋のストックを持ってしまったことに対する2つの「は?」。

ゴミ袋の原価も一括注文が安かったから一気に購入したことは予想がつきますが、30年分のストックを持つとは会計が複式簿記になってないのではないか?

商売をやっている人、会計を少しでも知っている人なら当然知っていること。

在庫もリスク。

ある程度は一括で購入するのもコスパを効かせる意味はあるけど、30年分は考えられない。これが一つの目の

は?

そして、45リットル袋を同じ値段で販売しているから40リットル袋が売れずに在庫過多になったと言っているけど、商売やっている人でなくてもわかる誰から見ても一言。2つめの

は?

です。

ザッツ公務員。

でも・・・

少し同情すると、このくらいのミスはそこら中の企業で行われているから、というか小さい方だと思います。

行政の失態だとこんなレベルでニュースになる時点で、ちょっとだけ同情したりもしますが、市民にとっては腹が立つのもわかる。

女友達に囲まれる男子「女子会プランをやめていただきたい(汗)」

今日は以前、共にカウンセリングを学んだ方たちと遅めの新年会。

もう、7,8年前の仲間なのですが、その時に思っていたこと。

カルチャーで学ぶのはなぜ、大半が女性なのか?

f:id:tsurugi0720:20170127095637j:plain

それは、女性のほうが時間を自由に使える人が多いからさ

と思われる人もいると思いますが、当時を振り返ると全くそんなことはなかった。

普通に、フルタイムで働いている女性。子育て中で保育園や親族を頼ってなんとか通学してくる女性。

もちろん、仕事をセーブして学びに力を入れている方もいましたがごく少数です。

一般的な男性と変わらないライフスタイルの女性が多かった。

学びたい!のモチベーションは女性の方が強い?

f:id:tsurugi0720:20170127000643j:plain

新たなスキルを身につけて新たな扉を開きたいというモチベーションは女性のほうが強いのかもしれません。

男は学ばないのか?というわけでもない。

いっぽう、僕たち男性は、一度枠の中に収まるとその中で積み上げていくことに専念します。今いる場所で役に立つスキル以外は不要!と言わんばかりに集中戦略に打って出ます。

f:id:tsurugi0720:20170127095728j:plain

そういう意味で個人的な話ですがボクは女性脳なのかもしれません。

自分の知識レベルは広くて浅いという部分が多いです。

恋愛対象は女性なのでその部分は男性脳ですが。

ところで本題です。

女子会プランをやめていただきたい(汗)

さて、今日はボク以外がすべて女子という「女子会」?にひとり男子というか、三児の父でもあるおっさんが参加するわけですが、そのお店に女子会プランというお得なコースがある。

男が一人参加するだけで女子会プランが適用されないのです。

なんかもう、自分が男であることが申し訳ないやら恥ずかしいやら、ちょっと複雑な心境になります。

いまさら男の娘にもなれませんし・・・

 

女子会プラン適用条件を女子率8割以上とかそういうふうにしていただけませんかね・・・

まぁ、それはそれで、女子会プランの料金をおっさんが払うというのもなんか複雑な心境ではあるんですけど。

電車で行くと「なんで?」と聞いてくる車人間たち

車好きは電車に乗ることが理解できなくなるらしい

ボクは読書が趣味ということもあり、移動は車より電車のほうが好きです。

f:id:tsurugi0720:20170123103759j:plain

仕事柄、ボクの回りには経営者や管理職の人間が多く、そういう方に限ってなぜか、ほぼ電車に乗ることのない人たちです。

家族移動はさすがに車で移動しますが、自分一人の時は決まって電車。

電車で現地に行き、「車、どこに置いた?」なんて話しかけられたときに「いや、今日は電車で♪」と答えると決まって聞かれるこの台詞。

「なんで?」

車人間たちには理解できないらしい。

若干、電車移動を下に見ているんじゃないか?とさえ感じるこの「なんで?」なんですけど、答えにも困る。

彼らからの質問に正直な答えをここで綴ると・・・

  • 乗っていれば着くから
  • 自分で運転する必要がないから
  • 本を読みながら移動できるから
  • 駅までウォーキングができるから
  • 単純に好きだから
  • 高速代より安く上がるから

とか電車移動には自分なりに思ういろいろな特典があるんですけど、どれもちょっと車人間たちには理解されがたいし、これらの答えはたぶん、「共感されない」または「せこい」と思われるレベルの答えなんだろうと想像がつきます。

バスに乗った日にはもう、ビックリ仰天されるんです。

「は?バス?言ってくれれば迎えに行ったのに!」って言う。

ボクから言わせればこれこそ「なんで?」なのです。

ということで、彼らの電車できたことに対する「なんで?」にはこう答えることにしています。

「帰りがけに飲み会があるもんで」

ちなみに、飲み会がなくても言います。面倒なので。

「読みたかった本があったので」と正直な返答をしたときに場のテンションが2,3度下がった思い出があるので、それ以来、もう、これしか使わないのです。

まぁ、確かにそこから会話は広がらないという面でこちらにも反省点はあるのですが・・・

そんなボクは、10年乗っているコンパクトカーがあるのですが、未だに28,000km。

ボク的には年間、約3,000km弱なので、日本列島縦断する距離を乗っている計算になるので、そこそこ乗っているなと自覚するところなのですが、ディーラーや、車人間たちに言うと、「少ないね」と言われます。

道路上では車に乗っている方がえらい的な発想ありません?

f:id:tsurugi0720:20170123103922j:plain

なんとなく感じる車に乗っている方がえらい的な発想が、車道を走る自転車は邪魔だという共通認識があったり、横断歩道に人がいても1割しか停車しなかったりという、殺伐とした道路事情を作っているような気がしてならない。

自転車が邪魔と言うよりも道路が狭いとかそういう第一心証をもてるような人間でありたいと思っています。

たしかに、ボクも思ってしまうので・・・

車に乗ると人が変わるという人がいますけど、やっぱりなんか鎧をまとっているような気分になるんでしょうね。

僕自身も乗ることがあるので注意したいところです。

事業のお金タダでいただきます。ただし、補助金の報告は大変。

f:id:tsurugi0720:20161024182624j:plain

事業者補助金。実行後の書類の多さに泣く

個人事業主、中小企業、NPO法人の方々は、助成金や補助金を活用することが多いと思います。

クライエントさんの中には「なにそれ?」という方もけっこういらっしゃって、使わないと独立したところで、ハンデ戦ですよ?とお話をすると「そーなの!?」という驚きを示す方が多い。

国や行政が市場にマネーを投入する入り口の一つでもあるわけで、使ってくださいとおっしゃっているのだから使いましょう。

市場にマネーを投入してその何倍の経済効果を見越している訳ですから、お国のために協力するつもりでお金をいただくわけです。

調子よいこと言っていますが正にその通りだと思います。

使った後、使った分でないと補助金が下りないので、良い仕組みだと思います。

ただ、この補助金、助成金、何が大変かと言うと・・・

まず、フローをご紹介します。

  1. 受けたい補助金、助成金を選ぶ
  2. 仕様に即して、事業計画書を書く
  3. 申請
  4. 受理(受諾率はそれぞれ違いますが、意外に高いです。5割くらいはざらだと思います。半分以上の確率で受託されるわけです!)
  5. 実行
  6. 報告
  7. 請求
  8. 入金

この中で、何が一番、大変か?多くの人が泣きを見るか?というと、6の「報告」です。

とにかく、実行した証を提出しなければなりません。

普段の契約や売買では使っていないような書類。完了報告書や仕様書、発注書、受注確認書やら「なにそれ?」的な書類を求められます。

ボクの会社でも、普段は、見積書、請求書、領収書くらいですから、補助金事業の場合は、それ以外の書類を発注事業者に求めなければなりません。

だいたい「なにそれ?」って言われますよね。

更に、せっかく作っていただいた「なにそれ?」な書類を添付して報告しても「不備です」とか言われて、再度、先方に作り直しをお願いするという悲しい事態にも陥ってしまう。

「半年前のあれ?もう、忘れちゃったよ」なんて言われながら・・・

けっこうつらいです。

でも、これ、補助金あるあるです。

ボクがお勧めする補助金事業計画は、一社丸投げ発注です。

受注先を一社に限定して、補助事業であることも説明しておく。上記のように書類に不備があった場合は対応していただくことも折り込んでおくことです。

その一社が下請けなどを使うことで、補助金事業をこなしてもらえれば、窓口はひとつなので書類もかなり少なくなります。

たとえば、ウェブサイト、看板、会社案内、広告などの販売促進に関する補助金であれば、それらすべてを実行するとして、それぞれをそれぞれの専門業者に頼むのではあとで書類の多さに泣くことになるかもしれません。

すべて対応できる事業者に一括でお願いすることが補助金事業をスムースにこなすコツだと感じています。

それぞれ個別に発注する方がコストが抑えられても、補助金事業は2/3や1/2が補助されるので、その辺の微々たる価格の違いは度外視で行っても良いのかもしれません。

AIが仕事を奪う兆候はパソコンソフトの進化からもろに感じる

プロ仕様といわれるソフトウェアを使ってきた自分が初心者用を使ってみた。

何がプロ仕様のソフトか?

デザイン関連ではadobe Creative Cloudのシリーズがその中心のような気がします。

デザイン関連の求人では、Photoshop経験者歓迎は定番の文言。

そういう意味でもプロ仕様。

音楽制作、DAWでいえば、Cubase Proを使ってきました。

最近では、専門学校で扱うDAWの中心的存在になってきたのだと。

これらは、ボクにしてもお客さんからの受注生産にかかせないソフト。もう10年近く使っています。

AIが仕事を奪う時代。そのことをソフトにも感じる。

f:id:tsurugi0720:20170112101143j:plain

受注生産をしていて一番、お客さんのニーズが変わったと感じるのはWeb制作です。

以前は普通に制作依頼が来ていたけど、ここ3年くらいからは、作り方を教えてほしいという相談が来始めました。

儲かっているのは大企業だけ。中小、個人は、外注費を削り、自分で作るトレンドが根強い。その根強さは増していると感じています。

とにかく、ボクも含めて、中小企業、個人事業主は月額を嫌う傾向があります。

月額をかけてサービス側と関係性を維持しておくことは決してマイナスではないですが、何を月額契約で残すか?は切実な課題。

固定情報中心のウェブサイトに月額は掛けられないという心情

当然、今月更新してないのに月額はとられるんだなーというお客さんの心理を放っておくと切られるのは必然。

市場では素人でもウェブサイトが作れるソフトウェアが更に進化してきている。

これまた、AIが仕事を奪っているという一例なんだと思います。

実は音楽分野もAIが作曲をフォローしている。

以前は、作曲なんて音楽知識がなければ絶対できなかったもの。

そんな世の中の変化に答えるべく、ボクの会社でも受注生産から、制作サポート。レクチャー、ワークショップにサービスの軸がシフトしています。

間違いなく受注生産の仕事は減る!

受注生産というのは、対象が「モノ」という点でリスクが高い。その点、作り方やこつを教えるという仕事は対象が「ヒト」だから、順調にクライエントさんが伸びていきました。

多く仕事の現場で使われているようなDreamweaverや、Photoshop、Cubaseなんかもだいぶ初心者にわかりやすいソフトになってきているとは思いますが、それでも、素人がみれば、どこをどうすれば何がどうなるのか?は一目瞭然ではない。

最近のソフトはそこが一目瞭然に近づいてきている。

これから伸びるのは、ソフトの使い方を教えるというよりも、そのソフトを使って作るコンテンツや作品の質の向上をサポートするサービス。

そういう意味で、ボクが初心者用のソフトを導入する理由は

  • 素人ユーザー、初心者ユーザーが使うようなソフトウェアをいつでも使える準備ができていないと僕自身が戸惑ってしまう。
  • クライエントさんがどんなソフトを使えば簡単にできますか?の質問にも答えられなくなってしまう。

ということです。

実際、ここ数日、初心者向けのソフトウェアのトライアルをDLしては使っているのですが、慣れないもので、ややストレスはたまる。

初心者用のソフトはかゆいところに手が届かないことが多いけど、これは気にしないということにした。なぜなら、きっと初心者は気にしないからだ。

では、一つ一つ代替えしていきます。

Photoshopの代替えソフト

これは、同じadobe社のPhotoshop elementsを試してみました。

気になる点は、とにかく重い!重すぎる。
なぜ、重いのか?それは、面倒見が良いからだ。1クリック、2クリックで驚くような効果を施すことができる。

この対処法はメモリの増設でなんとかなるでしょう。

更に、プリントパックにチラシや名刺を自社で入稿するとき。Photoshop elementsでも可能。ちなみに印刷入稿に欠かせないソフトとしてプロ仕様ではillustratorが定番です。

ということで、このソフトはillustratorの代替えにもなる。

使いこなせれば驚異的なポテンシャルを発揮することでしょう。

Premiere proの代替えソフト

これも、同じadobe社のPremiere elementsを採用。

動画に関してボクが持っている持論は、とにかく、切って張れれば良い。

エフェクトはほぼ不要。Premiere proでも使っていた効果は

  • クロスディゾルブ
  • ホワイトアウト
  • 暗転

この3つくらい。だから、元々、Premiere Proでなくても良かったのです。
たまたまcreaitive cloudに同梱されていたから使っていたという程度です。

ということでフリーソフトでも良いのだけど、希にエフェクトやトランジションで遊びたいこともあるだろうからPremiere elementsです。

illustratorの代替えソフト

ここが一番困る。これ同等のソフトはプロ仕様でもほぼない!と言っても良い。

定番中の定番だからだ。先にも書いたとおり、プリントパックなど印刷入稿に対応している別のソフトとして、Photoshop elementsが使えるわけですが、そこはあえて、フライヤー専用ソフトを探ってみる。

これは、Justsystemの花子を試してみました。

使ってみると・・・

くせがすごい。くせがすごいんじゃ。

※最近、千鳥のノブが大好きなんです。

ちょっとくせがありますね。致命的なのは、外部ファイルの画像を読み込むときにファイル名しかでないので、ファイル名で選択する時。

先回りして、ファイルの内容を確認しておかないとスムースに作業ができない。

外部ファイルで貼り付けた画像の拡大、縮小などの基本操作で戸惑う。そこは慣れなんでしょうが。

プレインストールの素材で足りるよね?と言わんばかり。そこは素人向けのソフト感丸出し。ただ、トンボもガイドも引けるので、一連のことはできます。

文字やロゴなど、オリジナルにこだわらなければ、サンプル効果がけっこうたくさん入っているので考える手間はなくなることでしょう。

これは即席フライヤー対応という感じで、illustratorで作るようなフライヤーを作るときは、Photoshop elementsを使うことになりそうです。

最後にDAWソフト。Cubase Proの代替えソフトは?

これは、INTERNET社のSinger Song Writer Liteにしてみました。

ループ音源も使えるし、市販の音源もインストールできる。Cubaseとの仕上がりに違いが出るのはエフェクト関係の質だけかもしれません。

以前はプロ仕様のソフトにしか入っていなかったようなピッチ補正も1万円しないようなソフトウェアに当たり前に入っている。

これで充分かもしれません。もちろん、細かいディテールにこだわるプロであれば、Cubaseのエフェクトや、細かな調整ができるイコライジング機能は必須でしょうが、どっちで作ろうが素人の耳には、同じものに聞こえるのではないでしょうか?

基本はwaveファイルを貼り付ける作業なので、音圧云々の問題でいえば、インターフェイスやマイクなどのハード面に投資するべきなのかもしれません。

まとめ:AIは初心者用ソフトに潜んでいた。

プロ仕様を使ってきた自分が初心者用ソフトで感じたことは、AIが初心者用ソフトに潜んでいるという現実。

人間がやってきた操作。とりわけよくやっている操作の定番をワンクリックにしている時点でAIです。とりわけ、Photoshop Elementsは、AI度が高く、もはや、Photoshopではないと感じるほど。

プロであっても、AIに任せて、違う部分に時間を投資するというアイディアもあって良いかもしれないと思いました。

正月、従兄弟同士会わせても見つめ合うのは3DSのディスプレイ

子どもにゲームはいかん!と思った2017元旦。

我が家の子どもたち。3人の真ん中が男の子。弟のところは男の子が3人いて、このボーイズどもが仲良し。お泊まりをしたりとなにかと交流があります。

「交流」と言っておいてなんですが、これは交流なのか?

男の子たちを会わせると、それぞれが、手にDSを持ち、個々にゲームをやっている姿。2017元旦。

久々に会ってなぜ、会話もしない・・・

お宅のお子さん、ゲーム依存症でないかい?

うちに関しては、去年がゲームデビューの年。

それまでは、妻がゲーム反対で、とにかく遠ざけていましたが、去年の春、妻が1週間の入院になり、子ども3人かかえる1週間。子どもたちがさみしくてたまらなくなっているのを見かねて、入院期間だけだよということで、「借りてきた」と嘘をついてやらせてあげた中古のDSがゲームデビュー。

そこからは、一日30分!としつけても、まぁ、守れない。

ゲーセンのゲームのほうが健全か?

ゲーセンのゲームは、買い物次いでにやらせてあげていましたが、まだ、あちらの方が、週に1回100円で3,4分で終わりますからね。
もしかしたら、DSやらせるより健全なのかも。(けっして健全なものではないですけど、比べると)

その内、ゲームをやっていない時間、いわゆる普通の時間に「つまらなーい」とわめくようになった息子。

遊びをクリエイトできなくなったんだろうか?と危機感を覚え、年末にボクは勉強した。

この2冊を読むと、あぁ、恐ろしい。麻薬と一緒とか言うじゃない。

 

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

 

 

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)

 

そこは完全に鵜呑みにはしませんが、お子さんがゲーム漬けになっている親御さんは一度、読んでみることをお勧めします。

息子に関しては、もう一つ夢中になっているサッカーがあるので、そこまで心配はしていませんが、もう少し減らしたいゲーム時間。

ということで、正月にこいつを与えるとドはまり。それは、これです。

 ゲーム好きは、けん玉にはまる。

KDX ケンダマクロス 極 ONE PIECE ゴムゴムの巨大皿

KDX ケンダマクロス 極 ONE PIECE ゴムゴムの巨大皿

 

 1日中やってます。けん玉(笑)

結局、なにかをクリアしたいわけです。

課題を与える。これができたらゲーム時間、今日、10分増やしてあげるとか逆説的なことをえさにさえする(笑)

お昼、レストラン連れて行ってやるとか。モチベーションは何でもいいとこの本が言っていましたから。(本の知識ばかりです。)

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 そこで、今年やってみたい。

クラウドファウンディングでけん玉大会とかできないか?

ゲーム、ゲーム、ゲームの子どもたちに贈るけん玉大会開催。

子どもがゲームばかりでうんざりしているお父さん、お母さん、えさ吊してけん玉やらせようよ。

クラファンとかで支援してもらって、子どもが喜びそうな賞品集めて、大々的なイベントやってみたいなと妄想を膨らませています。

まだ、妄想の域ですけどね。

ゲーム漬けの子どもたちを救いたいと切に思う。

 とか言いつつ、ボクもゲームが好きです。ただ、絶対、人生のメインストリートに置いたら駄目よ!と思うのです。

子どもに2DS。ディスプレイむき出しだけど大丈夫?

サンタさんがプレゼントしてくれた子どもたちの2DS。ディスプレイがむき出しだけど大丈夫?

9歳お姉ちゃんと、7歳息子の今年のサンタクロースからのプレゼントはそろってNintendo2DSでした。

 

ニンテンドー2DS ラベンダー

ニンテンドー2DS ラベンダー

 

 3DSの3分の2程度の価格ということで、お手頃のDS。

子どもたちとボクの感想

子どもたち曰く、今まで使っていたDSと比べてみると、操作がしやすいのだと言う。

これはもちろん、お気に入りになったこと、サンタさんからのせっかくのプレゼントということでうれしくて言っている部分もあると思うけど、そうは言っても、操作しづらいということはなさそうだ。

今までは、一昔前のDSで遊ばせていたので、そのギャップは当たり前かもしれませんが、Nintendoアカウントが作れて、DLしてゲームが遊べたり、お試し版がDLできるのは、3DS同様。機能に関してはもうしぶんはなさそう。

3DSを持っている友達ができて自分にできなかったことがでできるのだから嬉しいことだろう。

やっぱり心配はむき出しのディスプレイ

親目線から心配事は、そこら辺のコンセントで充電しながらほったらかしていると、ディスプレイに傷がついてしまいそうで心配です。

また、子どもたちが持ち歩く際も、カバンのなかでガシャガシャなって、ディスプレイに傷がつかないだろうか?という心配もある。

そうは言ってもコスパの2DSに保護フィルムやらケースやらを買いそろえてもなんだか、もったいないような気もしないではない。

まぁ、でも、そうも言っていられないので、保護フィルムとケースは用意することとしましょう。

 

【2DS対応】ブルーライトカットフィルム for ニンテンドー2DS

【2DS対応】ブルーライトカットフィルム for ニンテンドー2DS

 

 

今時のスマートフォンはすべてディスプレイむき出しですから、考えてみれば普通のことなのかもしれません。

ディスプレイの大きさは充分か?

ディスプレイの大きさは、よく使う上のディスプレイが大きい。下が小さい。

下はオプションやツール選択で使う程度なので、小さくてもそれほど気にならないとお姉ちゃん。下に関しては今まで使っていた旧型DSと変わらないのでそこは違和感ないようだ。むしろ、上が大きくなったことで見やすいと喜んでいます。

以上を踏まえまして、内容、機能ともに、充分。

心配なのはディスプレイが四六時中むき出しである点のみ。子どもが使うものなので尚更のこと。ここは、早めに手を打っておかないと、後悔することになるかも?