読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こづろぐ

会社経営とアーティスト活動のWワーク実現ブログ

アーティスト・プロモーター・起業家・ライフプランナー(FP)・神奈川県厚木市在住・横浜市出身

FPが語る「これを読めばFXがやめられます」

実は僕も以前FXをやっていた。

2016年明けから経済が波乱の様相。
1ドル130円時代に備えろ!なんてコピーにやられてドルを買ってしまった方。
お疲れ様です。

僕がFXをやっていたときの成績はと言うと大きく利益が出たときと、大きく損失を出したときと両極端だったので、プラマイゼロくらいになるのかな。

ただ、その大きく損失を出したときにその危険性を感じて撤退しています。

どういう危険性を感じたのか?

中毒症と似ている。やめられない、やめるタイミングがないということです。

土日を除けば24時間相場は動いていますし、いつでも参戦できるFX。

頭が為替変動のことでいっぱいになり、私生活に支障をきたします。

これが本当にいやだった。他のことが考えられない苦痛は利益が出ていても、利益が出ていないときは尚更、延々と続きます。

他のことが考えられないことはどんなに利益が得られたとしても人生にとって大きな損失ではないでしょうか?

お金よりも大切なものを失っているという危険性。

損をしてしまったとき

f:id:tsurugi0720:20160209175957j:plain

「取り返したい」と細かく売買を繰り返しがちです。これも又、無計画な投資になり、必ず損を被ることでしょう。

損切りをした瞬間に跳ね上がったり、買った瞬間に大きく下げたり、常に自分の予想と逆を行く相場。

上がるか下がるかだから、2つに1つ。じゃんけんよりも確率が高いのになぜかはずれる。

なぜ?

相場は人が作り出す大きなうねり。ある意味、人為的な部分は否定できない。
9割の素人と1割のプロの世界とも言われています。経済情勢の他に、1割のプロが9割の素人の動きも計算にいれた売買ゲームを繰り返している。

いわば、僕たちはカモなのです。

カモである以上、負けるようにできていると思って間違いないでしょう。

だって、カモなんだから。(もちろん、僕もやったらやったでカモになる。FPとか関係ないです。)

FPの立場から、FXは投資ではない!

FXはレバレッジで自分の財産以上の額を運用するという意味で、投資ではなくギャンブル性のほうが高いと感じています。

投資は自らの資産を運用することであって、実態のないものを動かそうとしている時点で、これは投資じゃないよね?と思っています。

競馬のほうが実態のあるマネーを使っている時点で投資に近いんじゃない?
投資じゃないですけどね。

外貨預金とどう違うの?と言われれば、レバレッジ1倍で運用すれば、ほぼ同じ意味合いにはなると思いますが…
1倍の証拠金が用意できるならば、外貨預金で利息を地道に得ながら、長期運用した方が良いと思います。FXの場合、上がった下がったでスグに動ける。素人がスグに動けるということが最大のリスクです。

僕らのほとんどは素人なんです!

素人はスグに動かせるところに資産をおかないようにする方が良いと思います。

だって、素人なんだもの。素人なんですよ。
誰でも何かの専門家。しっかり自らが玄人である場所でお金を稼ぐことを基本に資産でギャンブルはしない。低リスクで運用する。

FXをやるお金があるならば何をするべきか?

資産運用は、リスクはもちろんつきものですが、色々なものに分散することである程度回避することができます。

どうしても為替取引で利益を上げたいのであれば、その1割のプロに委託してみてはいかがでしょうか?

投資信託もいまでは月1,000円からというコースもあるようです。

もちろん、こちらも絶対!はないので、色々なものに分散した方が良いと思います!

雑誌の成功例にやられないで!

雑誌に成功例が出ていますが、その雑誌にはFX口座開設を促す証券会社の広告が載っていませんか?
そういうことなんです。

損切りした瞬間に上がった!クソー!っていう経験は僕にもあります。「売らなければ」、「買わなければ」、そういう「たられば」で頭がいっぱいになると思います。

でも、FXに限らず、世の中すべてのことが結果を見れば「たられば」がついて回る。FXに限らないわけです。

9割の素人として生半可な知識で参戦するのであれば、FPとしてFXは絶対にオススメしません。家族がいるのであれば尚更やめて下さい。

f:id:tsurugi0720:20160209180109j:plain