読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こづろぐ

会社経営とアーティスト活動のWワーク実現ブログ

アーティスト・プロモーター・起業家・ライフプランナー(FP)・神奈川県厚木市在住・横浜市出身

専業主夫から学ぶ逆算の達成術

家事から学ぶ逆算の成功法

今週頭まで妻が入院していました。1週間ほど、家事育児のすべてがどっしり、僕の背中にのしかかってきました。

育児に関しては、とにかくリミットがあることに参った。

  • 子供たちが起きる時間
  • お姉ちゃん登校時間
  • 息子の幼稚園通園バスの時間
  • 1歳の娘のおむつが許容量オーバーになる時間?
  • みんなが帰ってくる時間
  • バスお迎えの時間
  • ご飯の時間
  • お風呂の時間
  • 寝る時間

細かく言えば30,40くらいはあるでしょうね。

f:id:tsurugi0720:20160226131820j:plain


更に幼稚園、学校関係は、絶対に守らなければならない時間で遅れることは許されない。
遅れたら遅れたで送り届けなければならなかったり、連絡したりで逆にやる事が増えるのです。

寝る時間を踏まえて、逆算していき、8時にはすべて完了させる。

僕が自然にやっていたことが「逆算」です。

「Aを何時までにやれば、Bに間に合う」

慌てるタイミングと慌てる内容

家事育児をしていれば、時間に追われるのは当然なので確かに慌てるシーンっていうのはつきもの。

でも、6時になって「まだ、ご飯つくってない!」と慌てるのではなくて、4時になって「そろそろ仕込まないと、ご飯に間に合わなくなる!」と慌てる。

こういう慌て方をしていました。

結果的に、すべて時間通りに終わっていました。

妻が退院して、ようやく僕も仕事に戻れたわけですが、これは仕事でも、夢や目標でも同じではないか?と思った。

仕事や夢や目標にも応用可能

「いつまでにこれを終わらせる」と決めたら、その為には何と何をいつまでに終わらせれば良いか?ということを逆算していけば、目標は達成されるではないですか!

そりゃそうでしょと言われそうですが、今回、毎日毎日、成功体験を感じていたせいか、お腹の底で実感しました。

夢や目標に置き換えるときは達成可能なことをスケジュールする。

あと大切なのは達成可能なことをスケジューリングすることかもしれません。なんやかんや言って、幼稚園バスのお迎えやら、おむつ替えやら、達成可能なんですよね。

※普段の土日はやっていました。

家事の場合は、特にやるべきことを詰め込みすぎてできなかったから、子供たちのご飯が夜中になってしまった!なんてことは許されないわけです。だからこそ、考えることにリアリティーがある。

できないことはあきらめていた。

できないからこそあきらめる。そうすることで、子供たちが眠るべき時間に寝かしつけられたというゴールにまで到達できたわけです。

こういうことを夢や目標に置き換えてやっていければきっと、ゴールにたどり着くのではないでしょうか?

ほとんど仕事はできなかったんですけど、あきらめることの大切さも学びました。

得たものが大きかった完全イクメン100%の1週間でした。