読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こづろぐ

会社経営とアーティスト活動のWワーク実現ブログ

アーティスト・プロモーター・起業家・ライフプランナー(FP)・神奈川県厚木市在住・横浜市出身

目当てのホテルがでやすい旅行サイトでの検索ワードはこれです。

どうやって自分たちにぴったりな宿泊施設を見つければ良いか?

夏休みは40日。そのうち旅行が1泊1回だとちょっと。

子供たち的には少なかろうと毎年、夏休みは2回旅行します。

今年の1回目は今週、日光に行ってきました。(ちなみに私、神奈川県民です。)

コスパ重視の旅行術に、検索スキルは必須。

ホテル検索は何を使ってもOKだと思います。これにするか!と決まったら、その宿泊施設名で検索。

f:id:tsurugi0720:20160803215506j:plain

オリジナルウェブサイトがでてきたらめっけもの。

おそらく、オリジナルウェブサイトから予約した方が安く上がります。

他のホテル予約サービスから予約された場合、宿泊施設側はポイントや中間マージン分が経費として掛かるため、直接予約のお客さんのほうが原価としては安くなる。

その分、下げているケースが多いです。

特に、個人経営などはだいたいそうしていると思って間違いありません。

大手ホテルはオリジナルサイトと旅行サイトと足並みをそろえているケースの方が多いかもしれません。

週間天気予報が出てからの予約では遅い。

以前は、週間天気予報で雨が降らないことを確認してから宿泊施設を予約していましたが、今は海外からの旅行者が増加して、そんな悠長なことはやってられなくなりました。どこもかしこも1週間前ではとりづらい状況になっています。

宿泊施設が足りなくて民泊とか言っているくらいですからね。

とにかく天気度外視で早めに抑えておくことをお勧めします。

およそどこのホテルも3日前まではキャンセル料が掛かりません。

迷惑をかけるかもしれませんが、雨だったら絶対に嫌だという方は、とりあえず予約をして抑えてから、週間天気予報で確認して、残念ながら雨だったとき、その時、考えましょう。

なるべく宿泊施設に迷惑をかけない方が良いのですけどね。

目的が海水浴だったりすれば、それはもうどうしようもない。キャンセルしても快く応じていただけると思います。

子連れの宿泊施設に民宿はちょっとチャレンジング。

ホテル、旅館、民宿、ペンション、いろいろな形態がありますが、子連れであればホテルがベストだと思います。音の問題ですね。迷惑をかけるのも、こうむるのもホテルのほうが防げます。

子連れぴったりの宿泊施設を探したいときのキーワードはこれ!

ペンションでも子供歓迎のところがありますが、そういうところを探したいときのキーワードは「赤ちゃん」です。

すでに子供が赤ん坊でなくても「赤ちゃん」で検索してみてください。子供向けの宿泊施設がでてきます。

家族が多くて出費がかさむという方は、ロッジがおすすめです。

一人3,500円くらいからあります。ほとんどのケースで、もちこみOKで、調理器具を貸してくれたりします。うちは時々、電気式のホットプレートを持ち込みます。

子供料金もあれば、家族5人で15,000円くらいで済みます。

直前や当日に予約をしたいときの検索キーワードはこれ!

思い立ったが吉日派の方、直前まで予定が見えない方向けの検索キーワードは「当日割引」です。

これで、当日割引プランを実施している宿泊施設が出てきます。

宿泊する側は安く、宿泊施設側も部屋が埋まるWINWINな関係。

子連れならビュッフェ?

子連れの方は、ビュッフェプランがあるホテルを予約しがちですが、取りに行くのがけっこう大変だった経験ないですか?

小さな子供を置いて食事を取りにいけない。

それに比べると部屋食もなかなか良いです。ただし、好き嫌いがなければですね。

1歳くらいの子供がいる場合はどっちにしても大変だと思いますけど。

最後に重視したいのがアクセス。

一車線ですれ違えないような場所に立地するペンションもありますから、運転に自信がない方は、予約する前にGoogleMapでチェックしておくことをお勧めします。

GoogleMAPのロードビューが出てこないときは、たぶん、けっこう狭い道です。

夏休み、探せばまだまだたくさんの宿泊施設が予約可能です。

是非、自分にあった旅行を企画してみてください!

って、どこのツアーコンダクターだ…